業務自動化システム構築の2つのモデル

 
「ブラックボックス型」構築モデル
当社またはSIパートナーによる、受託開発サービスをご利用できます。
xoBot による手順の設定、業務プロセス組み立て、システムテストなどをアウトソーシング可能です。
 
「ホワイトボックス型」構築モデル
xoBot による手順の設定、業務プロセス組み立て、システムテストなどを、御社内でセルフサービスで実施していただくモデルです。製品テクニカルサポートがあり、必要によっては教育サービスのメニューもございます。
 
「ブラックボックス型」と「ホワイトボックス型」の併用モデル
システムの一部を受託開発サービスを利用して開発したり、初回だけを受託開発サービスを利用し、メンテナンスはセルフサービスで行ったりと、柔軟なシステム構築の方法を選べます。