Excelブックの拡張子「.xlsx」「.xlsm」「.xls」を意識しないで読み込み、形式判定処理する

xoBot 業務自動化 1001 ストーリー 第3話

Excelファイル(ブック)の形式で、ビジネス、業務によく登場するのは下記の3種類。拡張子が違うため、Excelブックを読み込む業務アプリケーションでは、普通、判定と処理の振り分けが難しい原因となっています。
 
.xlsx Excel 2007 以上のExcelブック形式
.xlsm Excel 2007 以上のマクロ付きExcelブック形式
.xls  Excel 97 – 2003 のExcelブック形式
 
xoBot の抽出エンジン(Exporter)の場合、入力設定の「ファイル名」に次のように設定すれば、3種類の拡張子名、ブック形式を意識することなくExcelブックを読み込み、自動処理することができます。


入力設定の「ファイル名」
        販売計画*.xls*

 
「*」の部分は 0文字以上の文字にマッチしますので、「.xls*」は、.xlsx でも .xlsm でも .xls でも自動で形式判定して処理します。「販売計画*」の部分も、「販売計画データ」「販売計画2018」などのファイル名とワイルドカードとしてマッチします。