「Excel表から抽出」処理(Exporter)設定画面

xoBot 業務自動化 1001 ストーリー 第11話

下図は、xoBot Solo での「Excel表から抽出」処理(Exporter)設定画面のサンプルです。

 

  • 主に日本市場向けに開発された製品なので、UI(ユーザーインターフェイス)が日本語でわかりやすい。
  • 設定画面下部に、設定操作をしている箇所のガイダンスヘルプが表示される。
  • 入力ファイル名の設定に、ワイルドカード(*)が設定でき、ゆれの起きやすいファイル名判定に自由度がある。
  • 入力シート名の設定は、シート番号指定(?1、?3 など)と、シート名指定のどちらでも良く、ワイルドカード(*)指定もできる。
  • 高速抽出エンジンを使うを「はい」に設定することにより、Excelでファイルを開くことなく、高速抽出処理ができる(Excelで開いたときの約30倍の速さ)。
  • [制御ファイルを編集…] ボタンで、制御シート(Excelシートからの抽出指示を与えるパラメーターシート)を開いて即座に編集することができる。
  • [制御シートの書き換え設定] で、実行時の変数値を外側から与えることができる。